転職多数、施工管理とは?

これからの施工管理転職メイン画像

転職多数、施工管理とは?

 皆さんは施工管理という仕事をご存知ですか?施行管理とは、工事の着工から竣工までの施工計画を練り、発注者の要求を満たしつつ、クオリティの高い設備を提供する重要な仕事。

現在、この施行管理職の需要が増えていると聞きます。

そのため、施工管理職への転職者も増えているようです。

では、具体的には、施工管理とはどのようなことをする仕事なのでしょうか。

その役割は大きく分けて4つあります。

1) 原価管理2) 工程管理3) 品質管理4) 安全管理一口に「施行管理」と言っても、非常に多岐にわたる内容のものを管理しなければなりません。

限られた予算や時間、決められた工期の中で、どれだけクオリティーの高いものをお客様に提供できるか。

また、その中で、現場の施工担当者との円滑なコミュニケーションや安全・健康管理など様々な事を管理しなくてはならないのです。

お分かりのように、とても責任のある仕事です。

全体に関わる仕事なので、それだけ大変なことも多い仕事だと思われますが、その分、何ものにも代え難い達成感が得られる仕事であるとも言えるのではないでしょうか。

充実感・やりがいのある仕事への転職をお考えの方はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

メインメニュー

おすすめサイト

プロフィール

名前:布施 一輝

生年月日:1969年5月3日